昔ながらの和食パワーでキレイを目指そう!

健康面や美容面から注目される和食

日本で古くから親しまれてきた一汁三菜を基本とする和食のスタイルは、栄養バランスに優れ、健康面や美容面から支持されています。最近では、日本国内のみならず、海外からも注目を集めるようになってきました。栄養価の高い旬の食材を豊富に取り入れるのも、四季のある国ならではの知恵です。海産物でも、農産物でも旬の食材が多数みられ、その時期ならではの美味しさに出会うことができるところは、和食の大きな魅力のひとつとなっています。

常備菜を作り置きして栄養バランスの良い食事に!

日本の家庭の味として親しまれているひじきの煮物、きんぴらといったお惣菜はミネラルや食物繊維が豊富で、美肌や美髪効果の高さが改めて見直されています。お惣菜には、作り置きして冷蔵庫や冷凍庫で保存できるものが多いので、継続して食べる習慣を付けるといいですよ。ひじき、茎わかめ、昆布といったお惣菜によく使われる海藻類は、低カロリーな上にたっぷりのミネラルが含まれています。髪のツヤや肌のハリをアップさせたい人はぜひ積極的に食べるようにしましょう。

大豆や豆製品の魅力とは?

和食で頻繁に使われる大豆や豆製品には、健康な体や美しい肌を守るのに欠かせない、良質なタンパク質やビタミン類が含まれています。また、大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きを持っていて、女性らしい美しさを実現する上で大きな役割を果たしてくれます。定食に冷奴をつけたり、大豆の煮物を常備しておいたり、と日常的に大豆や豆製品を食べる習慣をつけるようにしましょう。豆腐や豆乳を使ったスイーツもおすすめです。

品川美容外科の訴訟まとめサイト