気になる「ほうれい線」左右で違っていませんか?

なぜ「ほうれい線」はできるのか?

実年齢より老けてみられがちな「ほうれい線」で悩んでいませんか?ほうれい線の大きな原因のひとつは「たるみ」と言われています。加齢や紫外線の影響で肌の弾力が低下したり、頬や口元などの表情筋の衰え、顔の皮下脂肪の増加がたるみを引き起こします。乾燥による小じわも顔の表皮の機能が上手く働かずほうれい線に繋がってしまいます。また、顔の筋肉は首や頭と繋がっているため、猫背や姿勢が悪いことも顔のたるみの要因になっています。

ほうれい線が左右で深さが違う!

たるみが引き起こす「ほうれい線」。このほうれい線が左右で深さが違っている方が意外と多いのです。左右で違ってくる原因のひとつは、食べ物を食べる時の?み方にあります。左右どちらかで噛んでしまう癖のある方は注意が必要です。片方ばかりで噛んでいると左右の顔の筋肉のバランスが悪くなってしまいます。噛み方の癖は顔の歪みだけでなく、全身に影響を及ぼすと言われています。虫歯など口腔内にトラブルがあって左右均等に噛めない方は、歯科などでの治療を早めにすることが重要です。

ふだんの「癖」を見直そう!

テレビを見たり、本を読んでいる時に頬杖をついていませんか?頬杖をつくと、その部分に重心がかかりシワの原因になってしまいます。頬杖をついてしまう癖がある時は、頬杖をつかないように意識してみましょう。また、寝る時に横向きで寝ている方も注意が必要です。寝ている体勢を意識することは難しいですが仰向けで寝るように心がけましょう。左右でほうれい線が違うと顔のバランスも悪く見えてしまいます。ほうれい線の原因はたるみですが、そのたるみを引き起こすふだんの「癖」を見直すことが大切です。いつまでも若々しく美しい肌を保つためにも、ほうれい線のケアをしっかり行いましょう。

品川美容外科の提訴について調べる